ラジオ波 施術・マシン

痩身エステのマシンのラジオ波のメリットやデメリット

更新日:

エステサロンで痩身コースを受けると必ずと言っていいほど入っているのが、ラジオ波。

わたしも何度も受けたことがありますが、マシンを当てた部位がじんわりとあったまってとっても気持ちいい施術です。

ラジオ波のマシンの仕組みや、効果、、メリットデメリット、施術を受けた体験談などを詳しく紹介しますね(*'ω'*)

 

わたしのラジオ波を受けた口コミ

痩身エステには必須のマシン。

わたしは今までいろんなエステに通って、痩身コースを受けてきましたが絶対あるのがラジオ波。

エステサロンでの痩身はまずは体を温めて代謝をあげることから始まるので、体の深層を温めてくれるラジオ波は必須なんだなーと解釈しています。

体にジェルを塗ってもらって、金属を当てていくとあら不思議。

体の中がじんわりとあったかくなって気持ちよくなります。

冬とか体が凍えているときには、本当にいい!

Yahoo!知恵袋とかを見てると火傷するくらい熱く感じた人もいるみたいですが、わたしはあたたかで気持ちいいくらいの温度しか経験したことはありません。

わたしにとっては、かなり気持ちいい施術です(*'ω'*)

 

ラジオ波とは

ラジオときくとなんか昭和感ありますよね。

わたしはバリバリ昭和生まれです(笑)

ラジオ波は英語ではRadioFrequency、頭文字をとってRFと省略して呼ばれたりすることもあります。

ラジオ波という電波は体内の水分を振動させて熱を作りだす(ジュール熱)ことができるもので、皮下深部の細胞を分解することができます。

つまり「皮下脂肪に働きかけて、セルライトを分解することができる」ということ。

 

ラジオ波が生み出す振動は、脂肪を溶けさせることが出来、新陳代謝が活発化されます。

一度ついてしまった脂肪ってなかなかとれないですよね(;´Д`)

腕や足をぞうきんを絞るようにぐいーっとひっぱるとボコボコしたものがみえますが、これがセルライトです。

この脂肪が固くなってしまった部分=セルライトに対して振動を与えやわらかくすることで代謝がよくなります。

体の中から温まるのでお肌のたるみ、乾燥、小じわなどのトラブル肌も健康な状態に導いてくれ、さらに「冷え」や「むくみ」、「肩こり」の緩和にも期待できます。

また、マシンを気になっている部分に狙い撃ちできるため、部分痩せにも活躍してくれます。

 

美容整形で同じラジオ波を利用したマシンがサーマクールです。(わたしもいつかやってみたいと狙っています)

そのほか医療現場でも使われています。

 

ラジオ波の周波数

ラジオ波は電波なので周波数があります。

このラジオ波、周波数が30KHz(Hz:ヘルツ というのは周波数の単位)~300MHzまで。

痩身エステサロンが扱う機械の種類によって使用している周波数はそれぞれ違います。

 

周波数が高ければ良いというわけではないんです。

痩身エステに通ったらエステティシャンさんが自分の体に合った周波数で施術がしてくれます。

 

ラジオ波の2つの痩身効果

痩身エステで必ずといっていいほどコースに組み込まれているラジオ波。

なぜそんなに使われているかいうと、やはり効果があるから。

そのラジオ波の効果は、医学的にも証明されています。

スゴイ!!(;゚Д゚)

☑皮下脂肪に働きかけて、セルライトを分解することができる

☑皮膚の引き締め効果

痩身だけではなくて、皮膚の引き締め効果もあるのでなめらかなキレイな皮膚にしてくれます。

 

ラジオ波の3つの種類

ラジオ波には3つのタイプがあります。

 

①モノポーラー式

②バイポーラー式

③マルチポーラー式

これらがそれぞれ医学論文で効果が証明されています。

英語でややこしいので論文は省いて、それぞれのタイプを簡単に紹介しますね。

 

①モノポーラー式

日本語で単極という意味です。

脂肪の深い部分まで届きやすいのが特徴。

基本的に電極板が必要になります。

電極(ラジオ波を発生させる部分)と電極板(ラジオ波のゴール地点)からラジオ波を流すことにより、その間の細胞や水分を震わせて体内熱を発生させます。

だからラジオ波を使うと体がじんわりと中からあったかくなるんです。

周波数によっては電極板がなくても、施術が可能になります。

 

②バイポーラー式

バイポーラ式とは日本語で双極という意味です。

名前の通り、2つの間をラジオ波が流れます。

モノポーラのように対極板は不要。

表層の新陳代謝を促進させたりする効果があります。

これは電極(ラジオ波を発生させる部分)と電極板(ラジオ波のゴール地点)が1つのため、体の深い部分までラジオ波が届きません。

 

③マルチポーラー式

マルチポーラー式は、3つ以上の電極の間をラジオ波が流れます。

バイポーラと同様対極板は不要。

表層や脂肪の深い部分まで届きます。

施術中に全体の温度が下がりにくく、脂肪燃焼温度に早く到達しやすく、持続性があるのが特徴。

エステサロンのマシンによっては、キャビテーションと組み合わせたりして相乗効果を得られるように工夫されたマシンがあったりします。

ラジオ波で一番性能が高いのはマルチポーラ式です。

 

痩身エステのラジオ波のメリットは脂肪・セルライトの除去

管理人くみこ笑顔

一番のメリットは「脂肪・セルライトの除去ができること。

この脂肪・セルライトを自分で取り除こうとしてもなかなかできません。

有酸素運動で脂肪やセルライトをやっつけようと必死にランニング。

でも、運動開始後の15分~20分ほどの時間は血液中の糖質は脂質が先に使われてしまいます。

つまり必死に走っても最初の15分~20分では脂肪燃焼は、始まってもいない状態(;´Д`)

この血液中の脂質や糖質が使われた後、やっとはじめて体にたまっている脂肪が分解され消費していきます。

 

ちなみにウォーキングでこの脂肪燃焼の効果が現れるトレーニング方法は

「時速6Kmの速度で30分以上」

でやる必要があります。

この時速6Kmというのは、一般女性であれば「少し早めの早歩き」に感じるくらい。

それを30分以上継続してやらないと、脂肪燃焼の効果が得られない・・・

つらいトレーニングですよね。

しかも、1回だけじゃ効果はでないし、週2回とかやらないといけない。

そんなの無理無理。

つらいトレーニングを、代わりにやってくれるのがこのラジオ波(パチパチ拍手!)

しかもラジオ波は1度の施術でも効果を実感できる人が多いんです!!

(もちろんある程度継続することが重要ですが)

効果が見えるとモチベーションもあがって、よりダイエットを頑張れちゃいますよね。

 

また、皮膚をキレイにする効果もあります。

 

痩身エステのラジオ波のデメリットは費用

管理人くみこ悲しい

痩身には効果絶大のラジオ波ですが、デメリットを挙げるとすればわたしが考える最大のデメリットは「費用」。

1回の施術で痩身効果が感じられたとしても、残念ながら目指すべき数値に1度の施術ではいけません。

「お腹周りを3cm絞りたい!」と思っても1回の施術では無理です。

そうするとある程度の回数を通って、持続することが必要となります。

痩身エステをする上でこの持続は、どうしても必要なもの。

そして持続すればもちろんその分の費用がかかってきちゃいますよね。

 

ラジオ波の副作用は火傷や内出血

「電波」と聞くと副作用があったりするんじゃないか?と心配になりますよね。

ですが、このラジオ波はもともと無線通信に使われるもの。

基本的にほとんどリスクはないと考えて大丈夫。

ごく稀に、ラジオ波によって火傷や内出血を伴うケースがあります。

しかし、火傷や内出血が起こるのは0.1%の確率ですので、ほとんどないと思ってください。

確率は低いですが、もし何かおかしいと思ったらすぐにエステティシャンさんに伝えてくださいね。

この0.1%の中に入っている可能性も無きにしも非ずですしね。

 

また、体調がすぐれない場合、けがをしている場合などは施術を断れることがあります。

妊娠中は痩身エステは受けられません。

自己判断ではなく、エステティシャンさんときちんと症状を相談して施術を受けるのが、体調管理だけではなくて痩身への近道にもなります。

 

ラジオ波と相性のよい施術方法

このラジオ波と相性の良い(痩身効果がアップする)施術方法は3点。

 

・筋力トレーニング

・セルライト吸引

・もみだし(手技)

 

ラジオ波はセルライトの除去を行ってくれる機械です。

セルライトの除去を行ったあとに、筋力トレーニング・セルライト吸引・もみだしの施術をすることによって、さらに脂肪燃焼が行えたり脂肪がたまりにくい=セルライトになりにくい体をつくっていくことが出来たりします。

自分の体の現状によって、またどんな効果を出したいかによって合わせていく施術方法は変わります。

ラジオ波と組み合わせることによってさらに効果を出せることは間違いありません。

 

ラジオ波と相性の悪い施術方法

基本的に相性の悪い施術方法はありません。

痩身エステで行っている施術方法のほとんどはラジオ波と合わせて施術することができます。

 

ただ、ラジオ波と一緒に施術することができない施術方法もあります。

この場合の一緒にというのは、体に同時にアプローチするという意味です。

なので、ラジオ波のパットと一緒に違う機械のパットを体にはることが出来ない場合があります。

だから、施術の順番をずらせば問題ありません

 

 

ラジオ波はセルライトが多かったり冷え性さんにおすすめ

痩身エステの中でも痩身効果がでやすいラジオ波は、基本的にどんな人でもOK。

 

くみこ
特におすすめしたい人はこんな人です。

 

☑脂肪が固まってしまってセルライトが多い

☑運動ができない(する時間がない)

☑血行不良

☑冷え性

☑むくみやすい

ただ「セルライトがある=太い」ではないので細身でセルライトがたまっている人と太めでセルライトがたまっている人とで比較すると、もともと太目の人のほうがラジオ波の結果が目に見えてわかりやすいです。

スタート地点が違っている分、そう見えるのは当たり前ですよね。

人それぞれ顔が違うように体型や体質も違うので、他の人の結果を見て自分に完全に当てはめて「痩せないなー」とか判断するのはやめましょう。

大切なのは自分の基準で効果が出ているかです。

 

ラジオ波で最大限の痩身効果を出したい人におすすめのサロン

管理人くみこがおすすめするエステサロンはヴィトゥレ。

ラジオ波と相性のいいキャビテーションに強いサロンです。

もちろん、キャビテーション+ラジオ波の組み合わせの施術もできるので、お試しで体験で効果を実感できます。

 
>>キャビテーション+ラジオ波で痩身できるヴィトゥレを詳しく見てみる

応援タップお願いします( *´艸`)↓
にほんブログ村 美容ブログ エステ・スパへ
にほんブログ村

-ラジオ波, 施術・マシン

Copyright© 脱デブ!痩身エステおすすめ|くみこの体験口コミランキング , 2018 All Rights Reserved.